井本整体 認定指導者による操法室です。
島津山だより~ブログ
  • HOME »
  • 島津山だより~ブログ »
  • 整体の考え方

整体の考え方

刺激と反応

体は外からの刺激に対して反応する。 「バカ野郎」 と言われれば、ムッとしたり、泣き出したり、 言われた相手によっては嬉しかったりとさまざまである。 最近、大阪の高校で、部活動の顧問の体罰に耐え切れず、 生徒が自殺に至って …

本質はなにか?

「治療」というものの本質を考えた場合、その目的は、 「元気に毎日を暮らし、思うように活動できるようにすること」 であって、 「ガン細胞のない体をつくる」 ではない。 その本質からすれば、 「ガン細胞はあっても、元気な体」 …

「思考」の価値と限界

思考は、現実世界の制約を受けない自由さにその価値があるが、 一方で、それが自分の頭の中にとどまる限り、その人を取り巻く現実世界には何の影響も及ばさない。 思考の影響は、自分の頭の作用を通じて、自分の体の中を駆け巡るのみで …

老人と食

年をとってくると、成長するわけでもなく、活動量も減るので、食べる量は減って当然である。 必要な栄養の量は減ってくるのだが、同時に消化・吸収する力も衰えてくるので、 食べるものに関しても「効率」を考えた方が良い。 例えば、 …

脳と意味

脳科学の研究によると、 人間の脳は常に「意味」を求めるもの、らしい。 全く意味をなさない音の羅列(ただし人の声ではある)をくり返し聴かせると、 その意味をなさない音の連続の中に、なんとか「意味」を求めようとし、 結果とし …

リズムと人間(2)

自分のリズムとは、惰性である。 楽で、しかも間違いが少ない。 これは日常生活上、大切なことである。 しかし、敢えてそのリズムを崩すべき時もある。 例えば、整体体操(人体力学体操)においては、基本的に動作を十分にゆっくり、 …

リズムと人間

人にはそれぞれのリズム、スピードがあって、自分にあった速さで動いた方が楽に動ける。 そのリズムは、同じ人でも体調や気分で変わることもある。 日曜日に街を歩いていると、多くの人はリラックスした状態でゆったり歩いたり、話した …

熱と体

ここのところ膝の痛みが続いて、いろいろとやるうちにほとんど良くなったのだが、 まだ少し引っかかるところががある。 ところが、今日膝を少し動かしていると、痛む右膝の内部からカーっと熱が出て来た。 下に敷いた座布団が温かくな …

冬と体

寒くなってくると、体は体温を保つためによけいに熱を作り出し、 同時に皮膚を収縮させてそれを外に逃さないようにする。 それは、体内の環境を、生命活動に最適な状態に保つための働きである。 夏は、逆に体温が上がり過ぎないように …

気と生活

なにげなく使っている日常的な言葉の中に「整体生活」=「自然な生き方」のヒントはある。 「気が合う」「気が合わない」という。 イヌやネコなど、お互いそれほど複雑なことは考えてはいないと思われるが、 気が合う者とはじゃれ合い …

« 1 23 24 25 »

follow us in feedly

読まれている記事

PAGETOP
Copyright © 整体 薫風舎 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.