井本整体 認定指導者による操法室です。
島津山だより~ブログ
  • HOME »
  • 島津山だより~ブログ »
  • 整体の考え方

整体の考え方

引く(その4)

しかし、「引く」ための前提としては、 その前に「押す」であったり、「入り込む」であったり、 「引く」と逆のはたらきが、まずないといけないのでしょうね。 前回の子育ての話にしても、 あふれるばかりの愛情を注ぎ込んでのちの、 …

引く(その3)

ご夫婦に初めての子供が生まれると、 その子は、両親から100%の愛情を受けて育ちます。 そのあとに、次の子供が生まれると、 簡単に言うと、お兄ちゃん(お姉ちゃん)の方への愛情が半分になる。 愛情が半分というのがちょっと… …

「引く」はちょっとおやすみ

このホームページの管理のために過去記事を眺めていたら、 書いた時期によって、 こむずかしい口調になっていたり、 やけに優しげな語りかけ口調になったりしているみたいです。 特に意識はしていないので、その時の私の気分なのでし …

引く(その2)

整体を学び始めた頃、 「食べられない、と死んでしまうが、食べない、と体が奮起する」 という話を聞き、 意思、つまりは心の不思議さを 驚くとともに、深く納得もしたのでした。

引く

20年以上、興味を失っていた日本のプロ野球、最近ちょっとウォッチしております。 なにがおもしろいかというと、 ジャイアンツのように、お金をばらまいて、 「これでもか」というような戦力をそろえても、 ボロボロ負けたりする、 …

待つ(その6)

細菌が抗生剤に対して生き延びるべく、 その抗生物質に対する耐性菌が現れるように、 私たちの体も、 いろいろなトラブルを自分の力で乗り越えることで、 強い体になる、 そんな感じかもしれません。 筋トレもほどほどならば良いも …

待つ(その5)

外からはなにもせず待つ、 つまり、手助けをせずに放っておく。 すると、そのかわりに体の方で力を出して、 症状を経過させようとします。 放っておくのですから、 外から見たら、何もしていない、静かなものですが、 体の中は、総 …

待つ(その4)

命にかかわらない程度の「病気」、 たとえば身近なところでは、 風邪を引いた時などに、 とりあえず自分の体を信頼して、 すぐに医薬品などに頼らずに、 自然な症状の経過を体に経験させるわけです。 たとえば熱が出たら、上がると …

待つ(その3)

症状の自然の経過を待つ、と言う時、 治ろうとする力と、 症状が進行しようとする力との力比べのようになります。 その結果、治ろうとする力(自然治癒力、回復力と呼ぶようなもの)が勝てば、 良いとしても、 状況判断を誤ると、命 …

待つ(その2)

症状の経過を待つ、 そうすると、どういうことが体の中で起きるかと言えば、 たとえば、咳(せき)であれば、必要なだけ咳が出続ける。 何のための必要か、といえば、 咳の原因となっている体の状態が無くなるために必要なだけ出る。 …

« 1 2 3 4 24 »

follow us in feedly

読まれている記事

PAGETOP
Copyright © 整体 薫風舎 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.