本日のある方のおはなし。

「夜遅くに、脂っこいものを食べるとお腹がおかしくなるんですが…とお医者さんに相談したら、『夜遅くに、脂っこいものを食べないようにしてください。そのようなことに効く薬はありません』と言われてしまいましたぁ(笑)」

ということで、ちょっと伝わらないかもしれませんが、整体指導中にもかかわらず、思わず笑ってしまいました。

病院の先生、あなたは正しいです。

しかしまあ、わかっているけど、それでも食べてしまう。

それも「とんかつ」みたいなものが…。

これはどういうことなのか。

食べることを我慢したらどうなるのか。

食べてお腹を壊すことの意味は?

というようなことを考えるのが、整体の面白いところでしょうか。

その方の場合で言えば、

夜中にそんなものが食べられて、しかも「正常に」お腹を壊せるというのも、元気な証拠、

と言って良い時期と、そうは言っても、そろそろ気にかけたほうが良いという時期の、

「境い目」という感じでしょうか。