「想像・連想で体を壊す」
という、人間に顕著な特徴は、
言葉を変えれば、体の中で
「アタマが暴走している」
とも言えるでしょうね。

そして、その「アタマ」がほんとに「頭」だけにあるのか、
ということも大問題。

身近なことで言えば、
お腹をさすってもらったり、
肩に手を置いてもらったりしただけで、
なんとなくホッと安心する、
つまりは「アタマが静まる」
わけですから、どうも

アタマ=頭+頭につながる体のいろいろな箇所の総合

ということのようです。