だって、たとえば100メートルを走るのに、
ウマやチーターは四本足、
人間はたった二本足。

だから、もしかして四本足で走る訓練をしたら、
普通の人でもけっこう速く走れるんじゃなかろうか、
と夢想したことがあるのですよ。

でも、実際にやってみると、
筋肉の量とか、手足の使い方の慣れということ以前に、
頭が重くて、重くて走るどころじゃあないのですよ、人間。

頭でっかちなりに生きていくしかないように思うのですが、
どうでしょう?