自然界は、弱肉強食の面もありつつ、

結局は、「適者生存」であるらしい。

強い、というよりは、

柔軟にその時の環境に適応できるものが生き残る、

ということ。

自然環境の変化に対しては、

ちょっと体が大きいとか、力が強い、とか、キバが鋭い、

なんていうことは、ほとんど無力、

というか、体の大きさが、

かえって条件を悪くしたりすることもある。

ですから、見た目弱々しげで、

なんとなく病気がち…のように

身体能力がいまひとつであっても、

頭を使って、じっくり考えて、

正しく環境に合わせて生きる方法をとる、

というのも、「適者」として生き残るための条件かもしれません。