私の父も母も、

戦前生まれ(これ、そろそろ通じなくなっていますか?)。

それほど裕福ではない、田舎の家庭に育ちましたので、

戦後は昼間働きながら、どうにか夜学に通った、

という人たちです。

だから、そう甘くない世の中を渡ってきたはずです。

しかし、その割に私たち子どもたちには、

基本的に寛容、

ただお金と食べものの無駄遣いには厳しいかな、

くらいな感じでした。

ですから、父にも母にもそんなに叱られた記憶がない、

それはワタクシ達がとってもヨイコ

だったからかもしれませんけど(笑)

注)「大人になるまでは」

それはともかく、

まだ幼稚園くらいだったか、

なにか母に口答えをしたのだと思いますが、

母が普段にない勢いで叱りながら、

なんと泣き出したのです。

こどもながらなんとも気まずいというか、

すまないなあ、と思った記憶があります。

大人が泣いているのを見たのは初めてだったので、

ショックを受け、

それからはとってもヨイコで過ごしましたとさ。

(再注)「大人になるまでは」

子育て中の皆さん、

腹に据えかねることは、

全身全霊をもって叱りましょう

子どもたちの魂を震わせたら、

通じるものがあるはずです。

そんな記憶が皆さんにもありませんか?