今朝、家族と音楽の話をしました。

そのときに、こちらの演奏を思い出しました。

アマチュア、それも中学校のオーケストラです。

リムスキー・コルサコフのシェヘラザードを

たぶんコンクール用に編曲したものでしょうか。

https://www.youtube.com/watch?v=QCQiQA7cW5Y

会場に満ちた、部員、指揮者の先生、それから聴衆の

張り詰めた緊張感が伝わるでしょうか。

旋律のフレージングっていうんですかね、それとアンサンブル、

その一つ一つに、気迫がこもっています。

公立とはいえ全国的に有名な学校らしいですが、

プロのオーケストラの演奏とは違った、

「魅力」と言っては少々軽いような、

なにか迫るものを感じます。

試しにこちらも聴いてみましょう。

ゲルギエフ指揮、ウィーンフィル、ソロは名手キュッヒルです。

超一流の演奏ですね。

https://www.youtube.com/watch?v=SQNymNaTr-Y&t=164s

文句の有り様もありませんが、

どちらかしか残せないとしたら、

私は郡山二中の方を採ります。

技術的にどうにもならないのでは、

話になりませんが、

アマチュアでも心の動かす演奏(あるいは「何か」)はできる、

ということだと思います。

忘れないように。