新型コロナウィルス感染拡大に伴う

緊急事態宣言を受けて、

4月初旬から整体指導を休止しておりましたが、

このたび5月末まで延長見込みとの報道がありました。

本日、正式発表されるようですが、

もし、4月と何も状況が変わっていない、

とすると、

4月に整体指導休止を決定した状況がなにも変化していない、

ということになりますので、

5月も引き続き休止、

とならざるを得ません。

休止時点と変わったことといえば、

過ぎた(いつもとまるでちがう)時間と、

それとともに変化した、

みなさんの心と体でしょうか。

落ち着いた部分もあれば、

疲れてしまった部分もあるかもしれません。

この1カ月弱、

「不要不急」

という言葉を何度も頭の中で考えました。

整体指導は、「不要不急」なのか。

みなさん、不要不急でしたか?

「はい」

と答えられるとしたら、

私の整体指導は、

まさしく(みなさんの自立という面で)成功であり、

でも

あれば良いけれど、なくても良いという面で

失敗でもあるかも、

という微妙なものです。

そのようなことも考えつつ、

本日の政府発表の内容を見た上でのことになりますが、

皆さん一人一人の「要」と「急」の度合いに応じた

部分的な再開も

検討するつもりでおります(もちろん5月末まで休止の可能性もあります)。

私自身は、

いつもと全く違う時間の流れの中で、

整体指導の進め方についても

新しいアイディアがいろいろと湧いてきましたので、

できるだけ早く皆さんにそれをお伝えしたいと願っております。